三重県で看護専門学校なら、松阪看護専門学校

在校生・卒業生メッセージ

卒業生からのメッセージ

松阪市民病院 卒業生8回生

私にとって看護は「自分の人間性を磨くもの」

 看護師になって9年目を迎えます。看護師は人間性を問われる職業だと思います。人としての温かさや思いやりがあることはもちろんのこと、気配り・心配りが大切だと実感し反省することも度々です。ただただ、目の前の患者様と真剣に向き合うこと、一人を大切にする心を忘れず、これからも成長していきたいと思います。


松阪中央総合病院 卒業生13回生

私にとって看護は「自己成長」

 私が所属する病棟は、急性期からリハビリ期の脳神経疾患患者様が多く、とても忙しいです。入職4年目を迎え、患者様との関わりの中で笑顔になれることも沢山あり、やりがいを感じ充実した毎日を送っています。今年から実習指導も担当させていただきます。今後は、新たな分野に挑戦し、看護師としてもスキルアップしていきたいです。


済生会松阪総合病院 卒業生15回生

私にとって看護は「寄り添う看護」

 看護師になり3年目を迎えます。多くの患者様と関わらせていただく中で、新
たな発見や経験に出会うことができ、また患者様から感謝のお言葉をいただく
ことで、日々看護師という仕事にやりがいを感じています。
 これからも患者様が安心した生活が送れるよう、日々自己研鑽に励み、専門知識を身につけていきたいと思います。