三重県で看護専門学校なら、松阪看護専門学校

カリキュラム

  • 総合分野
  • 看護の統合と実践
  • 在宅看護論
  • 基礎分野
  • 専門基礎分野
  • 専門分野Ⅰ
  • 専門分野Ⅱ
  • 成人看護論
  • 小児看護論
  • 老年看護論
  • 母性看護論
  • 精神看護論
  • 実習施設

専門分野I

基礎看護学は各看護学の基礎となります。
看護学全体の主な概念や理論を学び、基本的な看護技術や対象に応じた看護が実践できる基礎的な能力を身につけます。
そのため、1年生の早い時期から始まります。

基礎看護学 概論

看護が大切にしていることは何か?看護の目的とは何か?
看護の対象は?など看護の主な概念を抽象的に学びます。

基礎看護学 技術論I

看護実践に必要なコミュニケーションの技術や情報の伝達、教育的役割など看護実践する上で常に必要になる技術に
 ついて学びます。

基礎看護学 技術論II

看護実践に必要な安全と安楽を守る基礎的技術について学びます。

基礎看護学 技術論III

快適な環境調整や身体の清潔を保つ援助技術について学びます。

基礎看護学 技術論IV

人間の生命維持に必要な食事や排泄の意味と援助技術について学びます。
日常生活における活動や休息・睡眠の意味とその援助技術について学びます。

基礎看護学 技術論V

呼吸の音や心臓の音を聴診する方法など、身体的側面を把握し、判断する方法を学びます。

基礎看護学 技術論VI

看護の展開方法(問題解決過程)を学びます。

基礎看護学 技術論VII

対象が安全で・安楽な診療や検査・治療が受けられるよう、注射や採血の技術を学びます。

臨床看護学 総論I

健康レベルに応じた看護を学びます。また、治療にともなう看護や医療機器の原理や取り扱い方について学びます。

臨床看護学 総論II

健康問題をもつ対象の看護をグループ演習をとおして学びます。
その過程で、課題を自ら発見し学習したり、自分とは違う見方や思考の相違をわかり、他者と協調していく
 姿勢を身につけていきます。

基礎看護学 実習I

一人の患者様を受け持ちます。初めての実習で緊張することも多いですが忘れることのできない感動が得られます。

基礎看護学 実習II

一人の患者様を受け持ち、看護を展開します。記録と実践に悪戦苦闘しながらも患者様の変化に看護の力を感じます。