三重県で看護専門学校なら、松阪看護専門学校

カリキュラム

  • 総合分野
  • 看護の統合と実践
  • 在宅看護論
  • 基礎分野
  • 専門基礎分野
  • 専門分野Ⅰ
  • 専門分野Ⅱ
  • 成人看護論
  • 小児看護論
  • 老年看護論
  • 母性看護論
  • 精神看護論
  • 実習施設

専門分野II 老年看護学

高齢社会が進むなか、老年看護学への期待はますます高まっており、看護教育のなかでも大変重要な位置を占めています。
「高齢者がぞれぞれの場でその人らしく老後が過ごせるように、質の高いケアが提供できる」を課題として講義・実習を通して考え、学んでいきたいと思います。

老年看護学 概論

老いとは何か?老年期を理解し、老年看護の特徴を学びます。
保健・医療・福祉の制度や高齢者の人権・倫理問題についても考えます。

老年看護学 援助論I

健康障害のある高齢者への援助と治療をうける高齢者への援助を学びます。

老年看護学 援助論II

老年体験ジャケットを着用し、身体的・心理的な苦痛を理解し高齢者の日常生活の具体的な援助方法を学びます。 また、認知症についても学習します。

老年看護学 援助論III

高齢者に多い疾患で事例展開をします。

老年看護学 実習Ⅰ・Ⅱ

目的

人生の完成期にある老年期の対象を理解し、対象に応じたQOLの向上を目指した看護実践に必要な知識・技術・態度を修得する。

実習では、総合病院で疾患や障害を持った高齢者の残された機能と、大切にされてきたことに目を向け残りの人生をいかに有意義に生活してもらえるかを考え看護を実践していきます。
また、施設での実習では、それぞれの場で生活を送る高齢者の生活支援について学びます。