三重県で看護専門学校なら、松阪看護専門学校

カリキュラム

  • 総合分野
  • 看護の統合と実践
  • 在宅看護論
  • 基礎分野
  • 専門基礎分野
  • 専門分野Ⅰ
  • 専門分野Ⅱ
  • 成人看護論
  • 小児看護論
  • 老年看護論
  • 母性看護論
  • 精神看護論
  • 実習施設

総合分野 在宅看護論

在宅看護とは、文字通り、その人の「家」で、そして「生活の場」で展開される看護です。
病院の「治療の場」で実施される看護とは違いがあり、独自の看護が必要とされます。
在宅看護論では療養者とその家族と共に作りあげる看護を目指しています。
「共に築く看護」を一緒に考え、学んでいきましょう !

在宅看護論 概論

在宅看護の全体像について学びます。
■在宅看護の目的、役割・機能、対象
■在宅看護に関連する制度・社会資源

在宅看護論 援助論I

在宅看護を提供するためのより実践的な知識ついて学びます。
■在宅看護過程・在宅看護の安全の確保
■状態別看護

在宅看護論 援助論II

在宅看護に必要な技術について学びます。
■日常生活援助技術
■医療処置を必要とする技術

在宅看護論 援助論III

退院時の支援から在宅での看護まで、事例をもとに、さらに理解を深めます。

在宅看護論 実習

在宅看護論の総まとめです。
訪問看護ステーション実習で実際 に各家庭に訪問し、療養者やご家族とコミュニケーションをはかりながら学びます。
そのほかにも、地域包括支援センターや終末期の療養者を支える診療所、居宅介護支援事業所など幅広い場所で実習を行います。